「ライトニングファスト!」J1リーグ第14節を見た外国人の反応

【第14節のピックアップゴール】鳥栖vs横浜FC 小屋松 知哉(鳥栖)86分

J1リーグ第14節

浅野雄也ゴール(札幌0-2広島)

【タイ】あー!札幌がやられたよ!

【ポーランド】浅野のスピードは凄いね!

【タイ】切り返しが鋭すぎるよ。札幌は疲れているんだから手加減してくれ。

【韓国】お兄さんにプレースタイルがそっくりだ。日本戦を思い出してしまう。

【ブラジル】茶島雄介の素晴らしい読みだった。彼が投入されてから広島は安定したね。

【タイ】前半は札幌が良いと思っていたけれど、広島の守備が堅かったね。

【ドイツ】広島は後ろの3人の守備能力が卓越している。野上、荒木、佐々木は常に相手を警戒している。

【中国】佐々木翔は凄いよね。恐れずに飛び込む奪い方をする。

江坂任ゴール(清水0-2柏)

【イングランド】素晴らしいよ!本当に良いショットだ。

【ブラジル】江坂をあのエリアでフリーにしてはいけない。レイソルの攻撃の何でも屋だ。

【イタリア】キーパーのロングボールをトラップしたのは三丸?一気に前を向いたよ。

【オーストラリア】レフトバックの三丸拡は素晴らしいね!1点目のアシストも完璧だった。

【ケニア】オルンガはどこへ行ったんだよ。なぜ今日の柏は強いんだ。

【ブラジル】レイソルは専門のCBがほとんどいないはず。前線のクリスティアーノやサヴィオもどこへ行ったんだ。

【シンガポール】瀬川や神谷もいない。ほとんどが怪我だと思う。ただ他の日本人の質が高く、補っている。

安部柊斗ゴール(大分0-1東京)

【マレーシア】すげー左足だ!魔法みたいに曲がったぞ!

【ドイツ】相手に当たっているからな。

【メキシコ】この選手は良いと思っていたんだよ!

【イングランド】言いにくいけれど誰もが目を付けていたと思うぞ。

【イングランド】FC東京の攻守に欠かせない選手だと思う。ゴールが少ないから目立たないだけだ。

【ブラジル】今日の東京は主力を数人休ませているが、安部はどうしても外せないように思える。

【ポーランド】ロシアのクラブが目を光らせています。

大岩一貴ゴール(湘南1-0神戸)

【スペイン】なんだよこの華麗なパス回しは!

【ブラジル】守備から持ち上がった選手が最後に決めたのか?

【韓国】クロスが一級品だね。

【ドイツ】大岩と石原が関与したのは分かった。松田天馬も。

【イタリア】自分の思っている湘南のスタイルを久しぶりに見た気がする!

【ブラジル】後ろからどんどん駆け上がって行ったね。クロスが石原だ。石原が2人いて混乱した。

【インドネシア】こちらの実況は混乱して全員石原と呼んでいたよ…。

【インドネシア】あれは笑った。石原がボールを運んで、石原同士がパスを交換して石原が決めたことになっていた。

三笘薫ゴール(マリノス1-3川崎)

【ポルトガル】俺はこの選手に魅了されている。

【フランス】ドリブルは止められないし、視野も広い。何点決めるんだよ。

【イングランド】同点ゴールでも股を抜いていた。得意な形なようだ。

【スペイン】旗手の股抜きパスは異常なまでの落ち着きだ。

【韓国】フロンターレは全員がパスとターンの達人。

【タイ】相手が悪かったよティーラトン…。

【ペルー】マリノスの相手のサイドをフリーにしておくシステムは三笘と最悪の相性に見える。

【イングランド】おいおい横浜にシャワーが降ってきたぞ。水道代が浮くな。

【ドイツ】両チームとも嫌がっているね。前が見えないくらいだ。

荒木遼太郎ゴール(名古屋0-2鹿島)

【ブラジル】鹿島の新しい希望。

【スイス】キックは素晴らしかった。それよりもボールを奪いに行くスピードが異常だったよ。

【ベルギー】奪ってからのランの勢いとコースが良い。

【ブラジル】よく見たらダブルタッチで相手を抜いていた。

【ドイツ】この選手は常に前を向いてボールを受ける。エヴェルトンと並び別格の選手。

【メキシコ】パスの才能にも秀でている。

【イングランド】英語はできるのか?念のためスペイン語も学んでおいた方が良いかもな。

倉田秋ゴール(仙台1-3ガンバ)

【オーストラリア】リフティング&ループ!

【ブラジル】こんなことができるなら最初から見せてくれよ!

【UAE】浮き球で完全に翻弄している。

【ドイツ】シュートは味方へのパスのように正確だった。

【イタリア】倉田は運動量だけではないことを証明した。

【メキシコ】ベガルタもかなり良い試合をしていたが、ガンバの個人の強さやテクニックが打開した。

小屋松知哉ゴール(鳥栖3-0横浜FC)

【イングランド】誰も追いつけない!ライトニングファスト。

【イタリア】フットボールが大好きな子供のように独走していった。

【韓国】小屋松速すぎる。審判は画面の外へ消えていった。

【イングランド】本当だ。審判は右側のブラックホールに吸い込まれてしまったね。

【ブラジル】サガン鳥栖は試合がしばらくなかったので試合に飢えていたようだ。

【スペイン】確かにコンディションの差は感じたが、このゴールには称賛しかない。

【スウェーデン】勝っている終盤に最も盛り上がるカウンター。

【ブラジル】久しぶりに試合を見に来た鳥栖のファンは今頃祝杯をあげているだろうね。

気になった選手など

【スペイン】マリノス対川崎の前半はスピードと激しい切り替えに溢れ、非常に面白かった。

【ドイツ】負けはしたが、あらためてマルコスジュニオールはめちゃくちゃ良い選手だね。

【アルゼンチン】最後まで諦めていない選手の1人だった。どんな場所でもボールを受けに行き、ほとんど失わない。

【スペイン】大島僚太のテクニック、判断の速さはJリーグ屈指。ほとんどイニエスタ。

【ポルトガル】イニエスタに似てるよね。リズムが独特なんだよ。

【タイ】ティーラトンが家長選手に片手で完封されているのは恐ろしい光景でした。筋肉の塊。

【ブラジル】鹿島アントラーズの荒木が注目されているが、レオシルバも凄かったよ。

【イタリア】良い時のレオシルバの姿に復活しつつある。つまり中盤の守備も攻撃も1人でやれるということだ。

【ドイツ】名古屋はただただ疲れていた。シミッチが入ってから安定したので間違いないと思う。

【メキシコ】FC東京の品田愛斗が何回か素晴らしいパスをしていました。ポジショニングも良く相手のパスコースを消していた。

【ブラジル】データサイトを信じるならば、品田は12kmほど走行している。気合が入っている。

【スペイン】アルトゥールシルバもそうですが、J3に出ていた選手の成長は面白いですね。久保建英もその1人です。

【中国】ガンバ大阪の井手口陽介は心臓がたくさんあるのですか?

【ドイツ】間違いない。前線まで飛び出した数秒後には最終ラインで守っていたからね。

【韓国】経緯は詳しくないですが、なぜヨーロッパのクラブは再度彼を獲得しないのでしょう?

【イングランド】大きい怪我などがあった。今の彼なら声がかかっていると思う。

【中国】我がクラブに来て欲しいくらいです。あんなに献身的な選手はなかなかいません。

【ブラジル】セレッソの坂元と片山瑛一が凄く良い選手だった。

【メキシコ】坂元達裕のドリブルはセレッソの戦術と化しているからね。

【ドイツ】坂元にキックフェイントのコツを教えて欲しいくらい相手は騙されていた。

【シンガポール】片山はファジアーノの時と印象が違う。J2時代はロングスローしか覚えていない。

【イングランド】もともと上手かったのか努力したのかは分からないが、ドリブラーのようになっているね。

【ドイツ】世界的な流行とはいえ飛び出すキーパーが増えてきたね。ビルドアップに参加したり。

【ポーランド】そのおかげで今日も悲惨な失点を見てしまった。

コメント