「北のティキタカ」Jリーグベストゴールランキング(10月29日~11月4日)を見た外国人の反応

今週のスーパーゴールを5分でチェック!週間トップ10ゴール(2019年10月29日~11月4日)

Jリーグベストゴールランキング

10位 高井和馬 レノファ山口FC

【ポーランド】とても難しいヘディングだよ。

【ブラジル】これだけ身体をひねっても、しっかりゴールを見ている。

【韓国】川井歩のクロスの強さが良かった。ベクトルの授業を思い出す。

【イタリア】高井和馬の攻撃の上手さはレノファ山口でも際立っている。

【ドイツ】サイドに張っていることが多いが、1人でボールを前に運べる攻撃的な選手だ。

【イングランド】シュートが少ない気がするが、ドリブルは素晴らしいものがある。J1でも十分に通用するのではないかと思っている。

9位 河合秀人 FC琉球

【スペイン】FC琉球にコウチーニョがいたとは知らなかった。

【イングランド】確かにコウチーニョのリズムだ。

【メキシコ】ディフェンスを抜かなくても打てるメリットがある。

【ドイツ】上門知樹の持ち上がりが素晴らしいね。

【ブラジル】鋭いターンの後に倒れなかったのが良いね。

【イタリア】上門はトップから少し引いた位置で輝くと思う。最高のシュート精度を持ってるし。

【韓国】琉球の試合を見ていると上門知樹と徳元悠平が目立つね。特別な選手。

8位 アダイウトン ジュビロ磐田

【タイ】このゴール凄く好き!

【ブラジル】シュートの強引さが良い。

【ポーランド】アダイウトンはボールを追い越してしまいそうな勢いだったね。

【ポルトガル】足を大きく振れないのでつま先を上手く使ったようだ。

【ペルー】ルキアンのポストプレーがかなり効いている。

【ベトナム】倒れているのに足にボールが吸いついている。手品ですね。

【韓国】ルキアンは開始早々の飛び出しで相手のレッドカードを誘発していた。結構スピードがあるかも。

7位 上門和樹 FC琉球

【ブラジル】本当に上手いな!

【インドネシア】シンプルだけれど技術が詰まっているゴールだ。

【ブラジル】上門がスピードを上げた瞬間に風間宏希の最高のパス。

【ペルー】中盤でフリーになっていたとはいえ目を見張る精度だね。

【アルゼンチン】上門のボールを受けた後のタッチが良い。外に少し逃げることで守備は足が届かなかった。

【ドイツ】上門がシュートを枠から外すシーンをほとんど見たことがない。

6位 宇佐美貴史 ガンバ大阪

【ブラジル】これが宇佐美貴史。

【ドイツ】明らかにコンディションを戻しているように見える。

【マレーシア】シュートの技術に感嘆。これを両足で打てるのが宇佐美だ。

【スペイン】遠藤保仁からのボールを内側にフェイントを入れてから外に逃がしている。

【ポルトガル】7位の上門と似たようなテクニック。

【スイス】ディフェンスが外れてからのシュートの速さ、精度はさすがだ。この試合のように下がらないで前にいるべき選手だと思う。

5位 山﨑浩介 愛媛FC

【ブラジル】完全に崩した美しいゴール。

【韓国】茂木力也のクロスから山﨑浩介のヘディング。2人とも守備の選手である。

【イタリア】茂木の柔らかいクロスの精度が高く、山崎はコースを狙う余裕まであった。

【スペイン】この試合は茂木にパスをした下川陽太の活躍が素晴らしかった。良く走るし、何より長いパスの精度が抜群。

【ブラジル】愛媛が勝つ試合では下川陽太、長沼洋一がサイドを圧倒している。

4位 ユウリ 栃木SC

【ドイツ】超良いシュート。

【ポーランド】小さい振りで何という威力。

【イングランド】外に曲がっているし完璧だ。

【ブラジル】ユウリは守備で気が利く選手だと思っていたが、シュートも上手かったのか。

【ブラジル】栃木の守備はそれなりにスペースが空くが、ユウリが埋めている事が多いね。

【イングランド】この試合の栃木は気持ちが凄かった。今の順位が似合わないほどのフットボール。

3位 押谷祐樹 徳島ヴォルティス

【ブラジル】無慈悲な7点目のゴール。凄すぎる。

【ポルトガル】ゴールを見ているのだろうか?感覚で打ったような不思議なシュート。

【メキシコ】かなり落ちている。

【アルゼンチン】振り抜いているのにループシュートのような軌道。このシュートが密かに1位だと思っていた。

【フランス】トラップの前から打つ気だったと思う。

【シンガポール】ヴォルティスはJ2の上位が最も戦いたくない相手ではないだろうか。それくらい内容が良い。

【イタリア】横浜FCとの試合は壮絶なものになるだろう。

2位 田中碧 川崎フロンターレ

【イングランド】フェイスガード男の一撃。

【イタリア】長い距離のシュートに自信があるようだ。

【スペイン】ほとんど回転していない。

【ブラジル】ポストの後にキーパーに当たって入っている。かなりの威力があったと考えられる。

【スペイン】川崎の素晴らしい才能。中盤の寄せのスピード、ファウルを躊躇しない勇気がある。

【ドイツ】技術のある潰し屋。さらに成長した姿が見たい選手。

1位 ルーカスフェルナンデス 北海道コンサドーレ札幌

【スペイン】札幌の驚異のスタイル。北のティキ・タカ。

【タイ】全員が迷いなくパスを出している。

【ポルトガル】特にジェイボスロイドのパスが素晴らしい。凄く狭い所を通している。

【ポーランド】ルヴァンカップで何かを得たようだ。これは王者の繋ぎである。

【タイ】シュートがアウトサイドなのもいい!

【イングランド】サイドから中央への崩しはかなり練習している形に見える。あまりに滑らかだ。

コメント