「円熟のダブルタッチ」Jリーグベストゴールランキング(7月6日~7月7日)を見た外国人の反応

今週も多くのスーパーゴールが誕生!週間トップ10ゴール(2019年7月6日~7月7日)
toto当たらない

10位 高井和馬 レノファ山口FC

【マレーシア】個人的に大注目のレノファの美しいゴール。組織力と個人技の両方を堪能できる。

【ドイツ】三幸のスルーパスが絶妙だ。ディフェンスがぎりぎり足を出せない所に適切な強さで出している。

【イタリア】高井は切り返して右で打つつもりだったが、良いディフェンスをされたので奥の手を出したね。

【ポーランド】ディフェンスは基本的に外に逃がすように守るが、ステップと緩急で置き去りにしている。シュートはパーフェクト。

【ブラジル】キーパーが出てくるのを見て浮かせたね。肩口は人体の構造上、反応が遅れる。

【シンガポール】レノファの個人能力の高さに戦術がフィットしてきている。実は今年のJ2で一番得点が多い。

9位 西山峻太 Y.S.C.C横浜

【ドイツ】思い切りのいいゴール!いかにもサイドバックの得点という感じだ。

【オーストラリア】強くアウトにかかっている良いシュートだね。

【イタリア】ディフェンダーは片方のコースを切っているが、もう一歩寄せていれば助かったかもしれない。

【ブラジル】これはシュートが良すぎるね。浮き上がるようだ。キーパーはノーチャンス。

8位 水沼宏太 セレッソ大阪

【ブラジル】間違いなく素晴らしいフリーキック。いろいろと意見は分かれているようだけどね。

【チリ】まず壁が少ないような気がする。実際に左端の選手はカバーするようにスライドしているからね。キックのスピードがありすぎて間に合わなかったけど。

【アルゼンチン】キーパーの林も逆を突かれたのか、少し反応が遅れてしまっているように見える。壁を超えるのが想定外だったのでは?

【スウェーデン】想定外という事はどちらにせよ素晴らしいフリーキックだったのだ。様々な角度から見ないと真実は見えてこない。

【ドイツ】物凄く落ちている可能性もある。バーに当たっているし。スタジアムに行くとプロのキックの正確性と速さには驚かされる。

7位 クリスティアーノ 柏レイソル

【ブラジル】これ最高だよね。足首だけでコースを変えている。

【ポルトガル】ダイナミックに勢いで決めてしまうのがクリスティアーノの良い所であり怖い所だ。

【ドイツ】オルンガのクロスの前の右に持ち直すフェイントが良いね。

【ブラジル】ポジションを変えてからクリスティアーノの良さが活きるようになった。一列下げているが高い位置で攻撃に専念している。守備は後ろに任せている感じで危ないが。

6位 レアンドロドミンゲス 横浜FC

【ブラジル】スーパーゴールを毎週決めている気がする。

【スペイン】ルーズボールにいち早く反応して貫録のあるコントロールショット。キーパーの位置まで見ている。

【メキシコ】物凄いスピンだ。斜めではなく横にかかっている。

【イタリア】中村俊輔の獲得が実現すればオールスターのような陣容になる。

【韓国】中村、松井大輔、レアンドロドミンゲス。ワントップはキングカズだ。

【ブラジル】佐藤謙介や伊野波が守備に追われて前半のうちに倒れてしまいそうな前線だ。しかし夢がある。

5位 北川航也 清水エスパルス

【スイス】ドウグラスの能力の高さは反則レベルだ。

【ブラジル】鋭いターンから独走している。空中戦に目が行くが、彼はこういうプレーや決定力こそが売りだと思っているよ。

【ポーランド】山口蛍のスライディングは少し焦りすぎたな。誘われている感じだ。

【スペイン】山口蛍が守備をしているエリアは海よりも広いので責められない。1試合通して見て欲しい。本当に1人で守っている時間帯がある。

【ドイツ】クロスの技術の高さとしっかり走っていた北川も素晴らしいね。

4位 興梠慎三 浦和レッズ

【ドイツ】興梠の職人のようなゴール。何度も見たが本当にチップキックが上手い。

【韓国】トラップが懐に入りすぎたが焦らずに任務を遂行した。浦和で一番の選手だ。蔚山も彼にやられた。

【チリ】武藤のヒールターンからのパスも素晴らしい。二人を一瞬でかわし、シマオマテが食いついた瞬間に裏に出した。

【ブラジル】武藤と興梠は初速が速く、仙台のディフェンダーを混乱させていた。

3位 高瀬優考 ロアッソ熊本

【タイ】個人的には1位だと思う…。ダイレクトでこの精度は凄すぎる。

【トルコ】クロスのキックミスだと思われているのかな?足首の角度から見ても狙っているようだ。

【ポーランド】中にチームメイトが2人走りこんでいるからクロスを急いだようにも見える。自分はキックミス派だ。

【ブラジル】ボールの回転を見るとシュートだと思うけどなー。

【ギリシャ】狙ったと断言できればこれが一位だっただろう。本人にしか分からない事だ。自分なら狙ったと言う。

2位 小池裕太 鹿島アントラーズ

【ブラジル】3位のゴールと似たパターンだが、これはボレーだ!

【ドイツ】弾道が美しすぎる。卓球のカットマンのような男だ、小池。

【ベルギー】インタビューでこれはクロスだと語ったらしい。誰を狙ったんだ。

【シンガポール】寄せられている時は中を見ないで上げることは良くある。スクランブルが起こるように強くキックしたら入ってしまったのだろう。

【ドイツ】小池裕太をレンタルしていたおかげで鹿島はサイドバック問題を一時的に解決している。安西が移籍するならば、完全移籍で獲得した方が良い。

【チリ】難しい問題だ。頼りすぎると凄い値段を要求してくるのではないか?

1位 ダビドビジャ ヴィッセル神戸

【スペイン】黄金のダブルタッチ。

【スペイン】空中ダブルタッチだ。驚異の冷静さとテクニック。

【ブラジル】古橋のフィードをおさめたトラップも素晴らしい。全ての動作で靴とボールが吸い付いている。

【スペイン】正直彼がJリーグで通用するとは思わなかった。名声に頼らず努力をしているのだろう。

【ドイツ】サッカー界でベテランの活躍が目立つ。医学の発展と意識の向上で選手の寿命が飛躍的に伸びている。これはサッカーファンとしては嬉しい事だ。

コメント