「スペイン勢とトリニータのカタログ」Jリーグベストゴールランキング(6月29日~6月30日)を見た外国人の反応

今週も多くのスーパーゴールが誕生!週間トップ10ゴール(2019年6月29日~6月30日)
刺激が強い試合が多い

10位 ロメロフランク FC町田ゼルビア 

【アルゼンチン】このループシュートは美しすぎる!

【ドイツ】ロメロフランクの攻撃センスが目立ってきている。以前よりもゴール前に侵入する回数が増えてきたような気がする。

【シンガポール】アシストをした奥山政幸のステップも好きだな。結構独特なかわし方だと思う。

【ドイツ】パスをしっかり呼び込んでいるから、シュートは完全に狙っていたね。この試合の町田はロメロフランク、下坂、奥山が特に良かった。

【ペルー】ペルー人だけど、もうほとんど日本人みたいなものだよね。最近の得点感覚の向上には驚いている。彼の体力が持っている時間帯のゼルビアは強い。

9位 髙木彰人 ガンバ大阪U-23

【チリ】トラップがかなり意表を突いたものだったね。

【ブルガリア】ディフェンダーは後ろ向きにキープされると思っていたのか、対応が完全に遅れたね。

【ブラジル】U-23のチームにも未来の日本代表が眠っている可能性は高いね。高尾瑠や食野亮太郎はトップチームでも欠かせない戦力となっている。

【ポルトガル】トップチームで怪我をしたメンバーが試合勘を戻すのに出場したりもする。最近だと藤春が出場していた。

8位 フェルナンドトーレス サガン鳥栖

【スペイン】格好良いゴール!彼がゴールをしている姿が大好きだ!

【イングランド】空中でブレない姿勢、リヴァプール時代と変わらない。

【韓国】てっきり出場はもう難しいのかと思っていた。8月のビジャ、イニエスタとの対戦が最後の試合らしい。

【スペイン】実際に後半は足が止まっていたし、少し状態は悪いのだと思う。ただハットトリックのチャンスもあったよな。

【ブラジル】隙を突いてリスタートでネットを揺らししたけど認められなかったね!西村主審は許可してくれなかった。

【スペイン】あれは認められなくてもしょうがない。俺も期待していたけれど、次の試合のお楽しみだよ。

【スペイン】スペインに戻るのかと思ったらサガン鳥栖に残って広報や育成のようなことをやるのかな?鳥栖という土地がかなり気に入ったらしい。

7位 倉田秋 ガンバ大阪

【ブラジル】これかなり凄いよね。倉田のトラップも良いし、遠藤のパスは柔らかすぎる。

【オーストラリア】遠藤保仁らしいパスだ。常に周囲を観察していて、冷静に相手の急所を狙う。

【ベルギー】アンカーで彼を使うのは運動量の面で難しくなってきたが、やはり非凡なものを持っているよね。どうにかしてメンバーに残って欲しい。

【タイ】倉田の飛び出しは勢いがあったのに、トラップが吸い付いている!

【イタリア】良く走るし様々なポジションをこなせる素晴らしい選手だ。

6位 原川力 サガン鳥栖

【スペイン】完璧なフリーキック。ボールスピードもあり、キーパーはお手上げだ。

【タイ】俺このゴール見たことあるぞ。

【公式】ゴール動画:原川 力(鳥栖)44分 サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島 明治安田生命J1リーグ 第3節 2017/3/11
2年前の原川

【スウェーデン】2年前に広島相手に決めているね。

【ブラジル】去年も同じような位置からFC東京相手に決めているが、このゴールより凄いのでURLは貼らない。

【スペイン】中盤のロストと、守備で食いつき過ぎるのが課題だが、このフリーキックだけで十分だよ。

5位 永井謙佑 FC東京

【ベルギー】進化するスピードスター。

【イングランド】後ろから一気に追い抜いて行った。サラブレッドのようだ。

【韓国】ナサンホがオフサイドの位置にいるのでDFが一瞬止まってトラップにかけている。それを上手く突いた戦術だ。

【イタリア】これは練習した形なのか?試合中に偶然発見したんじゃないか?

【ブラジル】永井のテクニックが著しく向上している。このゴールの落ち着いたループもそうだが、ディエゴオリベイラへのアシストも完璧だった。

【チリ】速くて上手いなんて反則じゃないか。スピードだけでも怖いのに。

4位 藤本憲明 大分トリニータ

【タイ】素晴らしい連携だ。藤本が初速でディフェンダーを置き去りにしている。

【シンガポール】トリニータがどのような攻撃をするのか説明する時に使いたいゴールだ。大分のカタログ。

【ドイツ】小塚和季はスペースがあると輝くようだ。トリニータのシャドーストライカーの組み合わせの豊富さは上位にふさわしい。

【アイスランド】決めたから目立っていないけれど藤本のトラップはシュートの空振りのように見える。

【ブラジル】アウトサイドで右を狙ったのだろうね。よく修正した。運動能力が高いのだろう。

3位 小林成豪 大分トリニータ

【ブラジル】練習でも打てないような恐ろしい弾道だ。

【スイス】膝下の振りのスピードのおかげでパワーが出た。ショートカウンターになったことよりもシュートそのものに西川周作は驚いているだろう。

【イタリア】逃げるような回転がかかっていて素晴らしいね。

【シンガポール】オナイウ阿道、小林成豪、小塚和季、後藤優介の中から2人がシャドーの位置を争っている。素晴らしい層の厚さ。

【ペルー】それでもトリニータで一番いい選手はCB鈴木義宣だと主張したい。空中戦の王者だ。

2位 ダビドビジャ ヴィッセル神戸

【スペイン】永遠の憧れ。美しいステップからのシュート。

【ポルトガル】37歳の動きには見えない。17歳のように軽やかに体重移動をしてシミッチをよろけさせる。

【スペイン】左サイドに裏抜けする形が昔から得意だよね。

【インドネシア】内側へ切り込んでから外へ出る速さが凄い。左足で打つかと思ったら持ちかえる余裕もあった。

【スペイン】これだけゴールを決めて守備も頑張るので申し分ない。日本でも得点王を取って欲しい。

【ドイツ】神戸のファンはゴールが美しすぎてポドルスキを忘れてしまったかもしれない。

1位 アンドレスイニエスタ ヴィッセル神戸

【スペイン】パスみたいな顔でシュートをしている。

【スペイン】決めていいの?という声が聞こえてきたよ。

【イタリア】1人寄せているけどコースが凄すぎた。

【アルゼンチン】守備は郷家が助けているが、攻撃のクオリティはいまだに衰えていない。

【スペイン】この試合を見に行った人が羨ましい。イニエスタが2点取るところなんて見たことがないよ。

コメント