「理屈抜きで爽快、河面旺成の弾丸」Jリーグベストゴールランキング(6月8日~6月9日)を見た外国人の反応

今週も多くのスーパーゴールが誕生!週間トップ10ゴール(2019年6月8日~6月9日)
今の時期にぴったりの爽快感

10位 才藤龍治 カターレ富山

【マレーシア】今週はJ2とJ3からの選出だね。才藤は前節ランクインしたゴールで物凄いクロスを上げていた選手だ。

【シンガポール】才藤は前線で走り回る選手だよ。90分間プレスをかけ続ける体力がある。

【ポルトガル】ニアへの走り込みは基本に忠実なものだが、ヘディングが強烈すぎる。首が強いのかな?

【ドイツ】一瞬でかなり首を振っている。滞空時間も長く素晴らしいヘディングだ。

9位 山﨑浩介 愛媛FC

【イングランド】柏戦でかなり目立っていたセンターバックだ。激しく上下動して攻守に貢献していた。

【ブラジル】レイソルの攻撃陣への対応を見て運動量がありそうな選手だと思った。高さもあるんだね。

【イタリア】落下点を探りながらのヘッドでこれだけ距離を出すのは凄い。筋力が強いのではないか。

【スウェーデン】コーナーキックの緩さから見ると、高さで信頼されているのだろう。

【チリ】飛んだコースが素晴らしかった。枠に入れることは重要だ。しかし柏レイソルはオフサイドアピールをした方が良い。

【オーストラリア】キーパーの前にいた選手はオフサイドに関与していると言われても否定できないね。

8位 佐藤洸一 ヴァンフォーレ甲府

【ドイツ】首位争いの後半ATに決まったゴール。非常に価値がある。

【イタリア】佐藤洸一は試合終了間際のゴールが多すぎる。救世主のような存在だ。

【ベルギー】彼の存在はまさにジョーカーだね。32歳とベテランだが、落下点に入る動きは完璧だ。

【ペルー】ディフェンスは外を注意していたが佐藤が内側に侵入してきた。これほど高さがでるとは知らなかったんだろうね。

7位 中村亮太 ブラウブリッツ秋田

【タイ】これは面白いデザインプレー!

【オーストラリア】コーナーキックが凄く曲がっている。風が強かったのかもしれない。

【ブラジル】最初は左のポスト付近にいるんだね。弧を描くように走りこんだ。

【イタリア】ニアの大きい選手は誰だろう?彼がディフェンスを下げるような動きをしているのが効果的だ。おとりになっている。

6位 村田航一 水戸ホーリーホック

【イングランド】凄く不思議なゴールだ。しかし美しい。

【韓国】パズルゲームのようなパス回しだ。奪えそうで奪えない。

【イタリア】二連続の斜めのパスはとても遅いものだったが、スペースへ向けて出されていたために成立した。

【ドイツ】村田の相手の背中をとる瞬間のスピードアップがいいね。シュートは文句なしだ。

【スペイン】水戸と言えば清水と黒川の2トップが基本だが、この日は村田と黒川のセットだった。この日の活躍でフォワードの3番手を確保したように思える。少なくともジョーより良い選手だ。

【マレーシア】浅野、白井、茂木も凄く良い選手だと思ったよ。

5位 河田篤秀 徳島ヴォルティス

【韓国】素晴らしい個人技だ!ほとんど1人のゴールといってもいいだろう。

【スペイン】内側に切り返してすぐに外へ出す。こんなフェイントを自分もできれば良いが足が絡まるだろう。

【チリ】最初のタッチは軽めのクライフターンかな?足の後ろを通している気がする。

【ブラジル】シュートが完璧すぎる。もっと順位が上でも良いんじゃないか?

【シンガポール】彼はアルビレックス新潟シンガポールにいた。シュートの凄く上手い選手だから、今までなんで使われないのか不思議だったよ。戦術的な問題かな?

4位 鈴木考司 FC琉球

【オーストラリア】得点ランク1位の風格だ。落ち着きが凄い。

【イングランド】金沢がとんでもないボールロストをしているが、琉球は逃さないね。上里のパスが素晴らしい。

【イタリア】これだけ長いストライドで足を振られるとフェイントに引っかかってしまうよね。

【ベトナム】俺が応援しているチームに欲しいよ。サイゴンFCをよろしく。

【イタリア】イヨンジェ、鈴木考司、得点王はどちらだろう。それとも違う誰かかな?

3位 クリスティアーノ 柏レイソル

【ブラジル】田上のパスを受けた時のファーストタッチが良いね!

【ポルトガル】足元に入りすぎると追いつかれてしまうからね。キーパーのかわし方もさすがだ。

【ブラジル】この日のレイソルはこのシーン以外はあまり良くなかった。攻撃と守備が分断されてしまっていて、中盤がいないようだ。夏にパスを出せる選手の獲得をお勧めするよ。

【イタリア】クリスティアーノも裏でボールを欲しがっている感じがするね。何度も動きなおしているシーンを見た。

【ドイツ】この試合は愛媛の情熱が凄かった。

2位 吉濱遼平 レノファ山口FC

【マレーシア】このフリーキック最高だよね。駆け引きだらけだ。

【スペイン】山口はキーパーとキッカーの直線上にブラインドを3人置いている。キーパー経験者なら分かるが、本当に見えにくくなる。

【フランス】横浜FCは松井大輔が壁の下を抜かれないように寝転んでケア。キーパーも壁側をわざと空けている。つまり壁の上を超えてみろという精神的な攻撃なのだ。

【シンガポール】吉濱のキックの上手さは山口でもトップクラスだろう。良く曲がっているし美しい!

【ドイツ】寝転ぶのは新人にやらせるべきだ。悲しい感じになる。

1位 河面旺成 大宮アルディージャ

【イングランド】1位は誰もが納得するだろうね。

【イタリア】プレミアリーグのベストゴール集のようだ。吸い込まれていくような弾丸シュート。

【ブラジル】河面は左サイドやCBをやっているが、こんなシュートを隠し持っていたとは…。

【チリ】思いっきり振り切っているね。理屈抜きに気持ちが良いゴールだよ。

【アルゼンチン】これで次の岐阜ディフェンダーは河面のキックフェイントに引っかかりまくるだろう。上がりまくるといいかも。

コメント