「マテウスと鈴木考司のプレゼン資料」Jリーグベストゴールランキング(5月30日~6月2日)を見た外国人の反応

今週も多くのスーパーゴールが誕生!週間トップ10ゴール(2019年5月30日~6月2日)
J3大盛りで

10位 森下怜哉 栃木SC

【ブラジル】森下という選手は正直知らなかったが、ディフェンダーだと聞いて驚いたよ。

【イタリア】動き方が完全にストライカーだよね。セレッソからレンタル中の20歳の選手だ。

【マレーシア】終了間際だから攻め残っていたのかな?闘莉王みたいだ。

【スペイン】西谷からのパスを貰うために意図的に減速したところが素晴らしい。その後に外に開いたことで、ボールを受けるスペースを作った。

【ドイツ】気付いたディフェンダーが急いで寄せたけど、冷静にキックフェイントでかわしたね。

【イングランド】調べたら利き足は右のようだ。逆足で丁寧に流し込めるのが素晴らしい。J2ではこういう勝ち点1が最後に効いてくるのだ。

9位 小牟田洋佑 福島ユナイテッドFC

【シンガポール】J3福島の小牟田選手か、群馬にいた時に見たことがあるような、ないような。体格があってパワフルな印象を受けるね。

【オーストラリア】ヴィエリや平山相太が得意としていたようなゴールだ。マイナス方向にトラップしてこのボレーが飛んで来たら相手はお手上げだ。

【ブラジル】逆に打つと思ったけど外に打ったね。

【トルコ】彼はこの後PKも決めてヒーローになっている。まだ小さなクラブだが、どんな才能が眠っているか分からないね。

8位 進昂平 Y.S.C.C.横浜

【イタリア】物凄いキック精度だ。芸術的!

【ベルギー】ぜひ後ろから見てみたい。とんでもない曲がり方をしていそうだ。動画を探してみようかな。

【オーストラリア】ちょっとディフェンスが緩い気もするが、カテゴリーが違うのであまり論じる所ではないね。ゴールを楽しもう。

【スペイン】浦和ユースから大学を経由した選手なんだね。日本の大学の育成は素晴らしい。いわゆる才能の取りこぼしを防いでいるように思える。長友も大学を出ているよね。

【ベルギー】予算のないクラブよりも有名大学の施設の方が豪華みたいだ。セカンドキャリアを考えて大学へ行く選手も多いと聞く。

7位 髙木彰人 ガンバ大阪U-23

【シンガポール】たまにJ3が多くランクインする時期があるね!髙木はトップの試合でも出ていた選手だからあまり説明はいらないだろう。

【ブラジル】今のガンバ大阪のトップチームは以前のU-23のメンバーが増えてきて、若い世代の成長を感じる。

【ブラジル】髙木の素晴らしい技術だ!足の裏で2人かわしている。

【スペイン】ターンした場所を考えると後ろのディフェンダーは完全に視野に入っていたね。

【フランス】シュートまでの判断が速い。ボールを貰うときにはここまで考えていたのではないかな?とてもいいゴールだ。

6位 田中智大 カターレ富山

【ポーランド】これはクロスで全てが決まってしまっているね。精密機械のようだ。

【トルコ】バレーボールの練習でこのような機械が導入されていた気がする。

【タイ】クロスは才藤龍治という選手だよ。富山を見ている人は少ないかもしれないけど、個人的には昇格の有力候補だと思っているよ。補強が当たって、ここ最近は連携も良くなってきたんだ。

【イングランド】富山はもともとJ2だったけど戻るのって大変だよね。サポーターはシーズンごとに良い選手がステップアップしてしまう苦行に耐えなければいけない。

5位 鈴木考司 FC琉球

【アメリカ(琉球サポ)】鈴木考司をプレゼンする時の資料に使いたいゴールだ。ボールを渡せば少なくともシュートまではもっていく。

【スペイン】シュートがとにかく強烈だよね。周囲の選手を活かすのも凄く上手いと思う。なんで町田は彼を手放したのか良く理解できない。

【ブラジル】その通り。彼は点も取れるけどチームの犠牲になるようなプレーも得意としている。

【マレーシア】大怪我からここまで復活した精神の強さに驚嘆だ。

【ドイツ】テクニカルなターンで完全に勝負は決したね。

4位 アドリエル ガイナーレ鳥取

【ポルトガル】この選手も見たことがない!凄いボレーだね!

【イタリア】アドリエルもディフェンダーなのかよ。シュートセンスありすぎだろ。

【オーストラリア】笑顔が気に入った。絶対良い奴だわ。

【ドイツ】デザインされたフリーキックだね。奥を狙うと見せかけてわざと前に出している。ほとんどのディフェンダーが引っかかった。

【シンガポール】鳥取はフェルナンジーニョ、ガブリエル、アドリエルがかなり強力。割り切って外国人を活かすサッカーができれば、ここもJ2に戻れる可能性があるよ。

3位 土居聖真 鹿島アントラーズ

【ドイツ】このゴール大好きだよ。最初のトラップが最高だ。

【スペイン】引き付けるだけ引き付けて外にタッチしているね。

【ドイツ】誰かも言っていたがこのゴールはドルトムント時代の香川に凄く似ている。一人だけテクニックでサッカーしている感じ。

【ドイツ】シュートも香川っぽいね(笑)わざわざ狭い方をインサイドで狙うとは。並の選手はインステップで打ってふかしてしまう。

【ブラジル】安西の突破からか。彼も攻撃のアクセントになっているね。疲労が少し心配だ。ACLも残っている。

2位 マテウス 名古屋グランパス

【ブラジル】これが1位だと思っていた!キーパーが2人いても止められないだろう。

【イタリア】彼は弾丸のようなスーパーゴールが多いね。川崎戦でもスーパーボレーを決めていた。プレーは微妙だったけど。

【スペイン】ドリブルもめちゃくちゃ速いよ。大宮時代も目立っていたが、今と同じく守備に穴をあける問題があるね。使い方の難しい選手だけれど才能は抜群だと思う。

【スウェーデン】足の振りがこんなに小さいのになんでこんなに強烈なシュートが打てるんだろう。質量×足の振りの速度、物理を思い出す。

【ポーランド】外から曲がってきてるのがヤバい。

1位 食野亮太郎 ガンバ大阪

【ブラジル】ついに1位か。鳥栖戦のゴールの方が凄かった気がするけど、これも綺麗なゴールだ。

【オーストラリア】しっかりアデミウソンにボールをくれと要求しているね。コース、スピードともに最高だよ。

【韓国】不調とはいえ韓国代表のエース、ファンウィジョを押しのけて出てくる選手だけのことはある。

【スペイン】最初の小野瀬のドリブルも好きだ。キレが戻ってきたかな?最近以前ほど目立たなくなっていたから。

【シンガポール】今週はあまり見ることができないJ3のゴールも多くて楽しかった。カテゴリーにとらわれず良い選手を発見するのが趣味だ。

コメント